最も安い引越し業者選び

最も安い引越し業者はどこ?当サイトでは無料でできる引っ越し業者探しをお手伝いします。


最も安い引越し業者選び - 目次

引越しのときにする盛り塩の仕方は至って簡単です

古来、日本では厄除けや縁起担ぎの手法として、盛り塩をすることが多いです。玄関先に、塩を三角錐に盛っておく風習です。


災いや穢れから、自分や家族を守るためにということで、長きにわたって続いている慣習です。この盛り塩を引越したときにも行われることがあります。新居に入る時に、盛り塩をしてその場所を清めるものです。


これから住みますのでよろしくお願いしますとの意味を込めて、家の穢れを清めるために行います。盛り塩の仕方は簡単です。


直径5cmぐらいの無地で白色の陶器の小皿がベストです。その小皿に、粗塩を約10~15g取って、霧吹きでうっすらと塩を湿らせて、混ぜます。そして、あらかじめ用意した三角錐の型に粗塩を入れ、ゆっくりと小皿に盛ればいいのです。


置くのは、引越先の玄関の内側でも外側でも構いません。両側に置くようにします。


これをすると、良い人を招き寄せ、悪い人を近づけない効果があります。また、良い気を招き、悪い気を追い払う役目も果たしてくれるとされています。引越したときに、荷物をおろすのももちろん大事ですが、気になる人は、最初に盛り塩をして清らかな場を作ることも大切です。


引越の前に、三角錐の型と粗塩と小皿を用意しておいて、仕方を頭に入れておいてから新居に臨めば、手間もかからずに簡単にできます。


引越しの機会にプロバイダを乗り換えるなら

自宅でインターネットを利用している方が引越することになったら、通信回線やプロバイダの手続きも必要になります。通信回線とプロバイダが一つになっている場合もありますが、別々で契約している方が多いでしょう。どちらの方も手続きや工事に日数を要することがあります。


引越の多い時期になると連絡した日から一ヶ月程度待たされることもあるので気を付けなければなりません。新居の方では周辺にあるショッピングセンターや銀行、郵便局などの施設がどこにあるかインターネットを使って調べたいですね。


一ヶ月もインターネットが使えないと大変ですから、引越の日程が決まったらすぐにでも連絡するようにしましょう。今まで使用してきたプロバイダを新居でも継続して使いたい場合は、住所の変更手続きが必要になります。中には引越の機会に別のプロバイダに乗り換えたいという方もいらっしゃるでしょう。


その場合は使用している方の解約手続きをしたり新規で申し込みの手続きを行わなければなりません。多少面倒になるので乗り換えの場合は余裕を持って行動するといいですね。


乗り換えるプロバイダを探す際は、比較サイトを利用すると便利です。料金の比較ができるだけでなく、サービス内容についても一目でチェックができて非常に便利です。


引越しをしても免許証は有効なのか

運転免許証は本来の目的以外に、身分証明書としてよく利用されるものです。たとえば、銀行に口座を開設する場合には身分証のコピーの提出が必要になりますが、その際に免許証は有効になりますし、また、レンタルビデオなどの会員サービスに申し込む場合にも使えます。


なぜ免許が身分証として有効なのかというと、顔写真や住所などが入っていて、公的な組織から発行されたものだからです。では、引越をした場合は免許は有効なままなのでしょうか。これは、当然ですが日本国内であればどこに引越をしたとしても免許自体は有効です。


そして、免許をチェックする現場の警官は、持ち主が免許に記載されている住所に本当に住んでいるのかどうかというチェックは出来ないので、引越後に住所変更届けを警察に出さなくてもすぐに問題が発生するということはありません。ただ、法律上、引っ越ししたらすぐに住所変更届を出すように定められていますし、また、免許証を身分証明書として利用するのであれば、実際に住んでいる住所と免許に記載されている住所が違うといろいろな問題が起きます。


なので、なるべく早く変更届を出した方がいいでしょう。変更する場合、警察署に新しい住所が書かれた住民票などを提出する必要があるので注意しましょう。


参照:日本物流団体連合会
引っ越しで最も安い引越し業者選びができるサイト3選!
引越し侍


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し価格ガイド


詳細はコチラ